ペニス増大

ペニス増大器具の効果とリスク

更新日:

Amazonで「ペニス増大」と検索してみると、数々のペニス増大器具がヒットします。ひと目で「怪しい」と感じますし、本当にこんなもので大きくなるのか気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

結論から言えば、ペニス増大器具でちんこを大きくすることは可能です。医学的根拠もあります。

ただし、物によっては効果がないこともありますし、使い方次第ではペニスを傷つけてしまうこともあります。

今回は、ペニス増大器具の種類や選び方についてまとめてみました。増大器具を検討している方は、ぜひご参考にしてみてください。

ペニス増大器具は大きく分けて2種類ある

ペニス増大器具は「牽引式」と「ポンプ式」の2種類があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、詳しく解説していきます。

牽引式

【特徴】

ペニスを「牽引=引っ張る」ことで、体内に埋もれているペニスを引き出す器具です。ペニスに装着し、ゆっくりと引っ張って伸ばしていきます。見た目はちょっと痛そうに思えますが、正しく使えば痛みはありません。

【使い方】

1日4時間~12時間、ペニスに装着します。確実に長さを出したい場合は、1日9時間は着用しておきましょう。

ゆっくり長い時間牽引することで、効果が現れます。もちろん製品によって装着時間の目安が異なるので、必ず説明書の通りに使ってください。

【効果】

半年ほど続ければ、数cmは増大します。個人差がありますが、だいたい3cmほど長くなるそうです。人によっては2~3ヶ月で4cm増大することもあります。

使い始めてすぐに効果があるものではないということは頭に入れておきましょう。

【デメリット】

1日に何時間もペニスを牽引しつづけるというのは、一般的な社会人にはなかなか大変です。またペニスを引っ張り続けるため、不快感が伴うことも。痛みを感じることもありますが、その場合は強さを調節したりベビーパウダーなどを使ってケアしてください。それでも痛い場合には、使用を中止しましょう。

【価格】

15,000円~30,000円くらいが相場です。もっと安いものもありますが、作りが粗悪なものであることが多いので避けましょう。大事なペニスに使うものですから、ある程度の金額を出してでも安全なものを使うべきです。

ポンプ式

【特徴】

水圧や空圧を利用して真空状態を作り、ペニスの血流を促進するのがポンプ式ペニス増大器具です。

ペニスの長さを出すのはもちろん、カリの増大などにも効果があります。牽引式のように長時間装着する必要がないので、手軽なのが特徴です。

【デメリット】

自分に合ったサイズのものをつかわないと、水膨れやうっ血を起こす可能性があります。

真空状態にして無理矢理血流を集めるので、長時間使うと最悪の場合ペニスが壊死する危険性もあります。

また、皮が伸びてしまうというデメリットもあります。使用時間は必ず守るようにしてください。

【価格】

牽引式よりも安く、2,000円~4,000円で手に入れることができます。

ただしこちらも安すぎるものは粗悪品が多いので、ある程度しっかりした値段と作りのものを選ぶようにしてください。

ペニス増大にはある程度の時間がかかる

ペニスを大きくするためには最低でも半年間は必要です。何事も継続が力になります。ですが使っているうちに何かペニスに異変が起きたら、すぐに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

ペニス増大器具は効果がある反面、使い方を誤るとペニスを傷つけてしまいます。痛みはもちろんですが、色の変化にも注意しつつ使ってください。

まとめ

個人差はありますが、ペニス増大器具を継続して使っていれば、ペニスを増大することは可能です。牽引式、ポンプ式、自分に合う方を使ってみてください。しかしある程度リスクもあるので、使用には十分な注意が必要です。もし器具を使うことが不安なのであれば、チントレやペニス増大サプリから始めてみてください。こちらであれば、体へのリスクはほとんどありません。

[kanren postid="66,10"]

-ペニス増大
-

画像の右クリックは禁止しています

Copyright© ちょっと真面目なペニスの話【マジペニ】 , 2019 All Rights Reserved.